2017/06/161 Shares

吃音者と天才のある共通点!あなたは大成功をおさめる可能性を秘めています!

あなたは、後世になをのこした天才や偉人と言われた多くの人が「吃音」であったことをご存知ですか?

彼らに共通していたのは、吃音だけではなくHSP(高い感受性)もその1つとされています。実際に吃音に悩まされ続けた天才や偉人たちがなぜ成功できたのか?

今までマイナスの側面でしか捉えていなかった吃音も見方を変えれば、もしかしたら大きな強みになるかもしれませんよ!

実は吃音で悩んでいた多くの天才や偉人たち

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%b3%ef%bc%91

誰でも聞いたことのある著名人。元吃音者で大成功をおさめている人たちは数多くいます。

  • アインシュタイン(物理学者)
  • マリリンモンロー(ハリウッド女優)
  • ダーウィン(自然科学者)
  • ブルースウィリス
  • ジュリアロバーツ、
  • タイガーウッズ、
  • 田中角栄

歴史的な発明をした人物から年間数十億円稼ぐ一流のプロスポーツ選手でも、その影には悩みがあったんですね。

 

そして彼らに共通するのは「HSP(高い感受性)」です。

そして1996年にこの高い感受性を持つ人をエレイン・N・アーロン博士はHSPと定義しました。現在では、日本人の5人に1人がHSPとされています。吃音者では10人に8人はHSPであると言われています。

 

HSPとは?

HSPとはHighly sensitive personの略称。生得的な 特性として、高度な感覚処理感受性(あるいは、カール・ユングの造語で言えば生得的 感受性)を持つ人のこと

 

HSPの特徴としては

処理の深さ(Depth of processing)

(他の人と比較して容易に起きる)過度な興奮(Over aroused)

感情的反応性・高度な共感性(Emotional reactivity and high empathy)

些細な刺激に対する感受性(Sensitivity to subtle stimuli)

(wikipedia引用)

 

短所として捉えると

  • ストレスを溜めやすい
  • 周りに影響され過ぎてしまう

 

これらを長所として捉えると

  • 相手の気持ちが人以上に理解できる
  • 優しい/愛情深い

 

として、繊細過ぎることで周りの反応を気にし過ぎてしまうということが言えますね。

 

自己診断をしてみよう!

  1. 自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ
  2. 他人の気分に左右される
  3. 痛みにとても敏感である
  4. 忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃れられる場所にひきこもりたくなる
  5.  カフェインに敏感に反応する
  6. 明るい光や強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい
  7. 豊かな想像力を持ち、空想に耽(ふけ)りやすい
  8. 騒音に悩まされやすい
  9. 美術や音楽に深く心動かされる
  10. とても良心的である
  11. すぐにびっくりする(仰天する)
  12. 短期間にたくさんのことをしなければならない時、混乱してしまう
  13. 人が何かで不快な思いをしているとき、どうすれば快適になるかすぐに気づく
  14.    (たとえば電灯の明るさを調節したり、席を替えるなど)
  15. 一度にたくさんのことを頼まれるがイヤだ
  16. ミスをしたり、物を忘れたりしないようにいつも気をつける
  17. 暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている
  18. あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると、不快になり、神経が高ぶる
  19. 空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる
  20. 生活に変化があると混乱する
  21. デリケートな香りや味、音、音楽などを好む
  22. 動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している
  23. 仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる
  24. 子供のころ、親や教師は自分のことを「敏感だ」 とか 「内気だ」 と思っていた

以上の質問のうち12個以上に「はい」と答えたあなたはおそらくHSPでしょう。しかし、どの心理テストも、実際の生活の中での経験よりは不正確です。

たとえ「はい」がひとつかふたつしかなくても、その度合いが極端に強ければ、そんなあなたもHSPかもしれません。

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 より抜粋

エレイン・N・アーロン [著]・冨田香里 [訳] 講談社 / ソフトバンク文庫

いくつ当てはまりましたか?私は、21個当てはまりました。

 

HSPという性格をプラスに変えていくには?

%e5%89%8d%e5%90%91%e3%81%8d

天才や偉人たちも、感受性が高いために周りとのギャップや孤独に苦しんでいました。しかし、彼らは彼らにしかない視点で物事に取り組み1つのことを突き詰めて強みを見出し大成功を成し遂げています。

 

つまり

・吃音だからと悲観する必要なんて全くない。

HSPの性格だからこそ見つけられる自分の強みを見つけることが出来る

・天才にはなれないとしてもあなたの才能を活かす場所=あなたを必要としている場所は必ずある

ということです!

 

 

まとめ

感受性が強すぎることで、同じ外からの情報でも過敏に反応しマイナスの部分のみに意識が向いてしまいがちです。しかし、反面大きな武器となる力を秘めています。

色々なことにチャレンジしていくことが重要です!

どもりを解消できた一大決心とは?