1 Shares

吃音は寝不足により悪化する。

「早く寝てしまうとまた『明日』がきてしまう」

「自分の唯一、一人になれる時間を睡眠に充てたくない」

と吃音で悩んでいた末期症状の過去の私は深刻な精神状態でした。電車に乗っても「これは夢だ。いっその事、夢と現実が入れ替わればもっとラクな毎日になるのに。。」本気で考えていました。

吃音という現実に向き合えず睡眠を削って、頭はボーッとしたままずっと思い悩んでしまう状態。本当に苦しかったです。

 

そして過去の私と同じような状況で、寝不足となってしまう方がとても多いように感じます。寝不足は

  • 脳の機能低下
  • 疲労感
  • 意欲低下
  • 注意力散漫

など更に事態を悪化させてしまいます。この状態が続くと、対人恐怖症、SAD(社交不安障害)更に鬱(うつ)にまでなっていってしまいます。つまり、寝不足は吃音を更に進行させてしまいます。

 

それを免れるためにも、睡眠を十分により重要性を理解することが何より大切なということをもって体感したことです!

睡眠の役割

Pexels / Pixabay

レム睡眠(身体を休める)⇒筋肉の疲労を回復させる

ノンレム睡眠(脳を休める)⇒心のバランスを整える(ストレス解消・ホルモン分泌)

身体を休める以外に脳を休める役割を睡眠は担っています。ノンレム睡眠を取らないとイヤな出来事を処理できないまま次の日を迎えて更に精神状態を悪化させてしまいます。

 

例えば、会社のパソコンをちょっと想像してみると長時間利用で本体が熱くなってしまうことってよくあります。操作もなぜか遅くなってしまうんですよね。

その状態を脳だと思うと・・・いつかは壊れてしまいます。

  • 仕事のストレス
  • 家庭でのストレス
  • 吃音というストレス

・・・etc

こんなストレスを全て抱え込んだままでは、辛い。適度に休みも必要ということです。

 

上の挙げたレム睡眠とノンレム睡眠は90分周期。最低2回確保することでが重要なため、余裕をみて3回取れる270分(90分×3)睡眠前後の時間もあるので6時間は最低確保することを心がけましょう!

 

睡眠不足を解消するには悪習慣から見直す

geralt / Pixabay

  • 夜のスマホゲーム
  • 寝る前の喫煙
  • 寝る前の飲酒

などいつもの夜眠りづらい状況を作り出しているならできるところから改善をしていきましょう。まず仕事を早く終わらせて帰るという努力が必要になってきます。

帰りづらい職場であれば

・サプリメント
【4大特典付き】“休息サポートサプリメント”ネ・ムーン プラス

・快眠グッズ
睡眠の専門家も絶賛!【スリープドクターズピロー】

などで時間ではなく質を高めていくことも考えていかなければいけません。

 

 

十分な睡眠⇒仕事の効率化⇒プライベート充実という心身共に健康となる流れを作り出していきましょう!