2017/10/050 Shares

HSP

「HSP」とは、ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly sensitive person)の略。アメリカの心理学者のエレイン・N・アーロン博士が考案されたもの。

  • Highly=高度、非常に
  • sensitive=敏感な、感じやすい
  • person=人

 

具体的にはさまざまな刺激に過剰に反応してしまう「高度な感覚処理感受性」と呼ばれる気質を有する人のこと。人口の五人に一人程度の割合で存在している。

 

HSPの特徴

  • 他者に比べて、職場や家庭での日常生活に疲れやすさや生きづらさを感じる。
  • 周囲から「繊細で神経質」「内気」などと見られている。
  • 情報処理能力が高い。